謙虚な天狗が送る毎日

ようこそ、「謙虚な天狗が送る毎日」へ。暇つぶしに見たくなるブログを目標に、ちびちび投稿します。

w.o.d. ロック復権のカギを握るネオ・グランジ



 

全人類が注目すべきネオ・グランジ・バンド w.o.d.(ダブリュー・オー・ディー)が、先日9/21に4thアルバム『感情』をリリースしました。

 

 

 

 

パソコンを通さずアナログテープで一発録り、声も楽器も編集なしという徹底ぶりで、迫力の演奏が際立ちます。

w.o.d.らしいパンチの効いたスリル満点の演奏はもちろん、Vo.サイトウの歌唱とソングライティングを活かした優しく包み込むような楽曲など色々な要素が詰め込まれた、まさに『感情』というタイトルにふさわしいアルバムだと思います。

 

一発録りを行ったレコーディングスタジオより、アルバムに収録された一部の楽曲のライブ映像が公開されています。

YouTubeで9月30日までの期間限定公開となっていますので聴き逃しのないよう。

イカしてるバンドです。絶対かっこいいです。

 

 

『感情 Live From GOK SOUND』※9/30まで限定公開

www.youtube.com

イヤホンでの視聴推奨

 

00:17  リビド

02:55  イカロス

06:00  バニラ・スカイ

10:51  白昼夢

15:42  バカと虎馬

18:50  Kill your idols,Kiss me baby

22:48  Dodamba

25:30  失神

28:54  Sunflower

34:55  オレンジ

 

 

 

イカロス


www.youtube.com

 

音源でも迫力が十分伝わってくるw.o.d.ですが、ライブでは更に化けると有名。

そもそも前提として三人の佇まいもズルいんですよね。

 

 

 

モーニング・グローリー


www.youtube.com

 

この曲は3rdアルバム『LIFE IS TOO LONG』に収録されている曲なのですが、おすすめなので紹介します。

イントロのギターと、そこに異なるリズムで乗ってくるベース……。

ギターソロも曲の荒々しさを加速させている感じがして好きです。

 

バニラ・スカイ


www.youtube.com

 

バキバキに尖った音楽性が代名詞のw.o.dですが、一方で平成の王道邦ロックを思わせるような楽曲も定評です。w.o.d. のつくるバラード調の曲ってコード進行がまっすぐに気持ち良いものが多いんですよね。

 

サイトウさん(Vo./Gt.)自身は、”あざとい”プロモーションを伴うエンターテインメント然とした音楽もなんだかんだで好き、というようなことをおっしゃっていて、この感覚は私も共感しました。魅せ方って適当にすると伝わるものも伝わらなくなっちゃいますし。

 

また、人々に寄り添うような等身大の音楽へのリスペクトについても語っています。

「生きてると心が疲弊する日もあるじゃないですか。俺、BUMP OF CHICKENが大好きなんですけど、バンプの好きな曲は優しい曲が多くて。さっき言ったような普通や安心への憧れもあるし、俺がBUMP OF CHICKEN側に回れるようになったらいいなという気持ちは、バンドやりながらずっとあって。

引用元:次世代グランジスター、w.o.d.の等身大 セカンドフルアルバム『1994』完成! - インタビュー&レポート | ぴあ関西版WEB

 

以前は、自分がどうすればバンドとしてカッコ良く見えるかだけに意識を向けすぎていたというサイトウさん。

もちろんロックバンドとしてそれは活動の根幹とも言えますが、あくまで素直にやる中でどう見えるようにすればいいかを考えないと嘘をついているのと同じことだと感じたという。

 

 

グランジへのこだわりはおそらく日本のバンドの中でも特に強いと思いますが、その枠に囚われすぎることなく、あくまで根本はやりたい音楽をやるだけというシンプルな姿勢を感じます。その姿勢がかっこいいんですよね。

 

さいごに

素晴らしいロックサウンド

こんな音がフェスやテレビみたいな

音楽シーンのでかいところで鳴ってくれたら最高。

―亀本寛貴(GLIM SPANKY)

 

まさにこれなんです!

w.o.d.を聴かなきゃいけない人の多分まだ0.1%くらいにしか知られてないと思うんですよ。こんなにかっこいいのに。

もっと多くの人に届いてほしいですね。

 

 

 

 

 

w.o.d. について書いた他の記事↓

chaplin0549.hatenablog.com

 

 

【児童文学】『黒ねこサンゴロウ』はじめて味わった旅への憧憬と哀愁

 

あたたかい静寂に包まれたとある小学校の図書室。その出入り口から一番遠い、すみっこの本棚に僕はこの本を見つけた。

 

だいぶ色褪せているようだ。背表紙は茶色と白の中間みたいな色をしているが、おそらく元々はこんな色じゃなかったということはわかる。

 

5冊並べて置いてあるので、誰も借りてないとすれば5話完結のシリーズものだろうか。個人的にはちょうど良い長さだ。

 

第一巻『旅のはじまり』を手に取ってみる。

表紙には、人間のように直立する物憂げな黒ねこが一人、いや”一匹”だろうか、味わい深いタッチで描かれていた。

あまり親しんだことのない類のイラストだったのもあり、興味を惹かれた。

 

僕はそのままカウンターまで本を持っていき、六年生くらいと思われる図書委員のお姉さんに

「これ、かります。〇年〇組〇番の○○です。」

と定型文をボソッと呟いてバーコードを読み込んでもらった。

 

 

家に帰ってからリビングのソファにもたれかかり、丁寧に使い込んでいるダークグリーンのランドセルから『黒ねこサンゴロウ』を取り出す。

 


www.youtube.com

 

 

「しつれい、ここ、あいてるかい」

頭の上で、すこししゃがれた声がした。

「はい、あいてます」

返事をしながら、ぼくは、ふりむいた。そして、おどろいた。だって、座席のよこにたっていたのは、ねこだったんだから。

『旅のはじまり』より

 

あっという間に黒ねこサンゴロウの世界に惹きこまれていた。

 

長期出張に出かけている父に会いに行くために一人旅をはじめたケンという少年が特急列車に乗っていると、フルヤ・サンゴロウと名乗る黒ねこに出会う。

 

ケンがサンゴロウの旅の目的について聞くと、彼は声を低くしてこう言った。

「宝探しだ」

サンゴロウの手にあったのは宝の場所が書いてある古い地図。最初はいぶかしげだったケンも少しずつ興味を惹かれていく。それを見たサンゴロウはひとこと。

「いっしょに、くるかい。つれてってやってもいいぜ」

 

こんなセリフを言われて行かないわけにはいかない。

 

ふたりが大冒険の末に見つけた宝。その宝をもとに、サンゴロウはずっと憧れていた広い海へと旅をはじめることになる……。

 

 

『黒ねこサンゴロウシリーズ』竹下文子:作 鈴木まもる:絵

引用元:クールでかっこいい! 読者の心をつかんで離さない「黒ねこサンゴロウ」シリーズ | Kaisei web | 偕成社のウェブマガジン

 

1冊で様々な感情が味わえる

冒頭でも書いた通り、私がこの黒ねこサンゴロウシリーズを読み始めたときは5話完結だと思っていました。

ただ、いつ気づいたかは覚えていないのですが実は10話完結というなかなかの長編だったのです。

小学校の図書室には5巻までしか置いてなくて、結局地元の市立図書館で残り5冊を借りた、というのを覚えています。10巻というと少し長いように感じるかもしれませんが、退屈することなくスラスラと読めた印象があります。

 

私は読めなかったのですが「ドルフィン・エクスプレスシリーズ」という黒ねこサンゴロウシリーズの姉妹編も5巻あるらしいです。

 

黒ねこサンゴロウシリーズの軸となるテーマは、”旅”です。

サンゴロウは、失ってしまった記憶を思い出すために船に乗って大海原に乗り出します。

 

その先々で激しい戦乱に巻き込まれたかと思えば、孤島で慎ましやかに過ごす人々の生活に寄り添ってみたり、と壮大かつ繊細な旅路を進んでいくことになります。

この過程で、小さな子供にとってはなかなか馴染みがないだろう旅への憧憬や、ぼんやりとした物寂しさみたいな感情を感じることができるのが本書の魅力のひとつです。

 

小学生でも確かに”冒険”とか”探検”への憧れというものは強いかもしれませんが、黒ねこサンゴロウのもつ雰囲気はそれとはちょっと違います。冒険とか探検ってどちらかと言えばワクワクドキドキが主体で、おそらく哀愁とか退廃的な雰囲気については描かれることが少ないじゃないですか。

 

じゃあ黒ねこサンゴロウは何かというと、”旅”です。沢木耕太郎深夜特急のグルーヴ。放浪系ジャーニーなのです。

 

黒ねこサンゴロウは「小学生向け深夜特急」とでも言えましょうか。生き方の指針になってくれるかもしれません。

 

小学3~4年くらいからが推奨とのことです。

子供たちににぜひおすすめしてみてください!

 

 

 

以上、ちょっぴり気が早いかもですが読書の秋ということで思い出の一冊を紹介しました。

 

Thank you for reading!!

 

 

夏の終わりに聴きたい曲 3選


こんにちは、謙虚な天狗の皐月です。東京の夜はここ数日で急に涼しくなってきました。なんだか例年はもうちょっと暑さが続いていたような気がしたのであっけない感じです。

 

私が一番好きな季節は秋です。晩夏の風情をせっかくみんなで楽しんでいるときにそんなこと言うなよって感じですけど(笑)

もちろん夏の終わりも好きなんですが、10月の終わりぐらいになって木々は葉っぱを落としたりなんかしちゃって、日本中が少しずつ冬の寂しさに包まれていくあの雰囲気が好きなんですよね。私はつまりSかMかで言えばMです。

 

 

HIGH WAY BEACH / Age Factory


www.youtube.com

 

切なくも重厚なサウンドに、清水エイスケさんの泥くさいハスキーボイスが染み込んで、ここに本当のエモーショナルロックが出来上がりました。

二度と戻れないあの頃に思いを馳せたくなる今の季節に沁みます。

 

HIGH WAY BEACH 幻の海

いつか君の思い通り

HIGH WAY BEACH あと少し

短い夢のようで夢じゃない

作詞:清水エイスケ

 

ちなみに曲名の”HIGH WAY BEACH”がどういう意味なのか曲を聴いてもイマイチはっきりと分からず、なんとなくで情景を思い浮かべていたのですが、昨日とある記事に由来が書かれているのを発見しました。

 

この楽曲は、Age Factory清水エイスケがARSKNのRY0N4の家で作業をしていた時に、外から聞こえてくる高速道路の音が波の音に聞こえたことから歌詞が書かれた。

引用:Age Factory若者にしか見えない幻の海を歌う「HIGH WAY BEACH」本日配信スタートMUSIC VIDEOを公開! | UK.PROJECT

 

なるほどそのような経緯からだったのか。インスピレーションの種というのは本当にそこら中にあって、それをいかにして見つけられるかなんだなぁというのを痛感します。

 

大麻とかドラッグで世界のすばらしさとかに気づくのは、何も新しいことを発見したわけではなくて、シラフでもアンテナを張ってさえいれば簡単に見つけられることなんだ、という話を聞いたことがあります。ドラッグ経験者が言ってました。

 

もちろん幻覚とかはまた別の話だし、薬の力を借りてでも想像力の限界を追い求める芸術至上主義者のアーティストとかが使用するのには意味があると思います。ロックの歴史を築き上げてきた偉大な先駆者も大半が試していたと思うし。

 

ただ、幸せになりたいだけの私みたいな一般人には要らない。音楽があればいいと思う。

 

Summer Soul / cero


www.youtube.com

 

降り出したのは天気雨

傘を差さずに

濡れたまま歩く人たち

やがてすぐ 雨はどこかへ消えて

見たことない夕暮れに

作詞:荒内佑

 

HIGH WAY BEACH が高速道路ならこっちは確実に一般。そして舞台は東京でしょう。

歌詞にもMVにも出てくる「大学通り」は国立駅前から伸びている道ですね。

 

私は地元が国立と近いんですけど、国立駅前って意外と穏やかで心地良いんですよ。イントロで流れるフルートみたいにね。

駅前もそんなに高層ビルどーんどーんって感じじゃなくてですね。まさにこの曲のような余裕ある大人な雰囲気が漂っているのです。

大学通りという名前の由来となったのは、天下の一橋大学。そして近くに都立なら3本の指に入る国立高校もあります。要するに学園都市なんです。

 

力んでなくて、飄々としていて、それでいてお洒落な出で立ちが好きです。

この曲も、一橋大の学生もまさにその雰囲気。後者に関しては偏見かもしれません。というか一橋大に通ってる友達がそういう雰囲気の人だからそのイメージ付いちゃったのか。いずれにせよ一橋生には憧れちゃうなぁ。

全国のちびっ子たち、大学行きたいなら迷わず一橋大学に行こうね!

 

すごい速さ / andymori


www.youtube.com

 

きっと世界の終わりも

こんな風に味気ない感じなんだろうな

作詞:小山田壮平

 

ベタな選曲をしてしまいました。多分ベタです。この曲はやっぱり夏の終わりに聴きたいんですよ。

逆に、この時期以外に聴くのは少し引け目を感じてしまうので個人的にはあんまり聴きません。その分いま聴きます。

 

アンディモリというバンドがもつ焦燥感みたいなものを文章で書き表そうとすると列挙しなければならない要素が多すぎるのでやめます。(ブロガーとは如何に)

まぁ音楽を聴けば一発で感じられると思うし。アンディモリでしか摂取できないロックのことです。

 

アンディモリが活躍していた2010年前後ってもう今から10年以上も前になるんですね。この頃の日本ってやっぱり今と比べるとまだ”平成感”あったように思います。

 

無印良品が令和だとしたら平成はニトリですね。

どうもこんにちは、分かりにくい例えです。

無印ほど無機質なスタイリッシュになり切れていない、やや配色に遊びを残している感じ。私は好きです。

そして経済とか日本社会への漠然とした不安みたいなものが現実味を帯びてきたのもこの頃な気もしなくもない。さとり世代的な価値観が広がったり。

 

そんなとき、音楽業界にすごい速さで現れたのがアンディモリ、そのように伺っております。

若者はみんなこぞってアンディモリを聴いていたとは聞いていたけれど、2010年に書かれた下の記事を見て改めて当時の人気ぶりを実感できた。

 

rockinon.com

「破竹の勢い」「現在若手でもっとも勢いのあるバンド」と綴られている。

やっぱりすごかったんだ。筆者の方のリアルな虚無感から当時のアンディモリの輝きが伝わってきました。

もしも当時わたしもアンディモリを愛するティーンの一人だったら後藤大樹の脱退を日比谷野音で耳にして空っぽになっていたかもしれない。そんな気がする。

 

 

 

今更ながら斎藤幸平 著『人新世の「資本論」』を読んだ

資本主義が抱える矛盾とは……

 

2020年9月に発売されてからコロナ禍のなかで爆発的な人気を博し、約45万部の売上を達成、2021年の新書大賞も受賞したのが、斎藤幸平氏による『人新世の「資本論」』である。

 

人類の経済活動が地球を破壊する「人新世」において、このまま気候変動を放置すれば人類の歴史が終わってしまう。それを阻止するには際限なき利潤追求をやめ、資本主義と決別する必要がある。しかし、資本主義を捨てた社会に豊かな暮らしは実現できるのだろうか……?

 

と、簡単に解説はしてみたものの、この記事を読んでくれている方で既に読んだことのある人も多いかもしれない。

 

若干の今更感はありつつも大学の図書館で借り、通学時に電車の中などで少しずつ読み進めた。

かなり人気の書籍ということもあり、興味本位で調べてみると市内の図書館ではなんと予約が10か月待ちになっていた。

 

10か月待ちは買え! もう買え!

どうしてもお金使いたくないなら一日だけ断食して浮いたお金で買うんだ!

 

ちなみに大学の図書館では、借りようと思ったタイミングでは貸出中だったのだが、予約しているのが私だけだったので3日くらい待って借りることができた。逆にもう少し人気があってもいいかなと思ったけどそれはそれ。

 

 

そんなこんなでゲットしたこの本。

ものすごく大雑把に著者の主張を要約すると、(微ネタバレ注意)

「いまの資本主義をこのまま続けていくと経済格差はさらに拡大するうえ、地球に不可逆的な気候変動が生じる。その結果、人類は豊かな暮らしを維持することは困難だ。その問題を解決するためには、晩期マルクスの思想である『脱成長コミュニズム』を基に経済システムを根本から作り替え、エネルギーなどの資源や生産管理そのものを共有化する世界を実現する必要がある。」

といったことになる思う。

 

この本を読んで、何よりも先に思ったこと。それは、

「作者の”斎藤幸平”という名前、彼のもつ思想にぴったりじゃん」

ということ。

え?そこ? 

そこ。

 

”幸”を”平らに”。まさに、といった名前だ。

 

多分ただの偶然だと思うが、名前というのは一種の呪いとも言えるし、もしかしたら無意識のうちにそのような思想をもつ方向に導かれてきたのかもしれない。はたまた使命を感じてガチガチに意識してたのか。

名前というものを見くびってはいけない。みなさんも自分や友人の名前と信条を照らし合わせみたらおもしろいかもしれません。ちなみに私の「皐月」という名前は、5月という意味なのでそれ以上でも以下でもない。

 

著者は、本書の中で資本主義の決定的な矛盾点についていくつか整理している。これらは本題に入る前の導入部分に書かれていたことで、特に目新しい観点というわけでもないようだが、非常にわかりやすい解説だったのでそのなかで一つだけ紹介したい。

その矛盾点というのが、

 

「価値」と「使用価値」の著しい乖離

 

である。

 

「価値」とは、簡単に言えば商品に実際につけられる金額のことで、「使用価値」とは空気や水などがもつ、人々の本質的な欲求を満たす性質のことだ。

 

「価値」と「市場価値」が乖離している顕著な例としては、高価なブランド品をイメージするとわかりやすい。

ロレックスの何百万もする時計と、数万円で買えるカシオの時計。

「時刻を知りたい」という”使用価値”の観点でみれば両者に違いはない。

ではなぜここまで価格が違うのかと言えば、それはロレックスがブランド化という手法を用いることで相対的な希少価値を高めているからである。さらに緻密なマーケティング戦略によって人々の更なる欲求を加速させる。

 

もし、みんながみんながロレックスを持っていたら特別ロレックスをつけようと思わないだろうし、こんな目ん玉飛び出るような金額にはならないだろう。

いやでも俺はロレックス好きだから買いたいんだよ、買うのは自由だろ、と思われるかもしれない。

 

ただし、このテーマが抱える本質的な問題は、世界が「市場価値」ばかりを過剰に追い求めることで本来重要視されるべき「使用価値」が蔑ろにされてしまう点にこそある。

 

例えば薬品会社でいえば、命を救えるが価格の安い薬よりも、そこまで緊急性はないが儲かる薬を生産するかもしれない。

 

労働の観点でも同じような現象は深刻化している。

コンサルティングマーケティング保険業や金融業などは現在高給をとっている職業として挙げられるが、このような仕事が実生活における「使用価値」を生み出しているかと言われると疑問が残る。実際、ふとした瞬間にいま自分のやっている仕事が誰の役にも立っていないのではないかと感じて転職に至った、というような話は私も何度か聞いたことがある。

 

それに対し、社会にとって「使用価値」の非常に高いエッセンシャルワーカーと呼ばれる職種では、恒常的な人手不足に陥っているのが現状と言わざるを得ない。

 

第一次産業やエッセンシャルワークのような土台が崩壊したら、そのうえに成り立っているものも崩れてしまう。しかしいま現状もてはやされるのは、より効率的で儲かる仕事である。華やかで目立つものに目がいってしまうのは人間の性というのもわかるけど、何よりも先に目を向けるべきは縁の下の力持ちではないのだろうか。

 

 

今回紹介したものは、資本主義社会という経済システムにおいて豊かな暮らしを求めるうえで避けては通れない矛盾点のほんの一部に過ぎない。

 

このような資本主義の抱える問題点を一つひとつ深掘りして解決策を提示することで、新しい社会構造「脱成長コミュニズム」の輪郭を描き出していくのが本書『人新世の「資本論」』であった。

 

読者のみなさんの中でも読んだことある方いらっしゃったら、ぜひ本書の感想や意見をコメントでおしえてください!

まだ読んだことがない方は、ぜひ一日断食して買ってみてくださいっ。

 

崎山蒼志、No Buses フジロック2022 



こんにちは、謙虚な天狗の皐月です。

藤六さんがYouTubeで配信してくださったので、無料で観れてしまうことに申し訳なさを感じつつ、まぁやってくれたら観ないわけにはいきません。ありがとうございます、藤六さん。

私は音楽は確かに好きなんですが、知識量は本当に乏しく、洋楽ともなると未だに超有名どころくらいしか知りません。この、”超有名どころ”という表現も突かれそうでちょっと怖いんですけどね。

 

そんなわけでぶっちゃけてしまうと今回のフジロック2022に出演していたアーティストもほとんど知りませんでした。

 

いや、フジロック出てる人たちなんて”超有名どころ”でしょ!?

 

ほらそういうこと言うから~。

 

海外のアーティストでかろうじて聴いたことあったのはさっきも話にでたSuperorganism、あとはトムミッシュくらい。さすがにもう少し知っておく必要があると自分でも思うし、もっと知りたい。実は、今回の配信でも1日目のラストに出ていたVampire Weekendと出会えたのでよしとするか。

 

すべてのアーティストの演奏を観たわけではないですが(物理的にも無理)、今回のフジロックで特に惹きつけられた2組について軽めに書こうと思います。

 

 

 

No Buses

『Pretty Old Man』


www.youtube.com

 

No Buses(ノーバシーズ)は、近藤大彗(Vo/Gt)、有本晋也(Gt)、杉山沙織(Cho/Ba)、市川壱盛(Dr)、和田晴貴(Cho/Gt)の5人組ロックバンド。

 

  •  

Arctic Monkeysの曲名をバンド名に拝借し、The StrokesThe Cribsら2000年前後にシーンを賑わせたバンドのエッセンスを散りばめながら、日本人の琴線にも触れるメロディを英語詞で歌うというユニークなスタイルで活動するNo Buses。ガレージロックをひとつのルーツに持ち、初シングル『Tic』(2018年)でいきなり国境を超えてリスナーを獲得し、現在、国内外で注目を集めている。

引用:『No Busesの「未完成」を楽しむバンド美学 作る喜びが救いだった』

https://www.cinra.net/article/interview-202103-aviotnobuses_ymmts

 

No Busesのことは実は一年前くらいから知っていまして、渋くて内向的だけどノリが良いというような感覚を初めて聞いたときに受けました。そして、上の記事の紹介文にもある通り、歌詞はすべて英語でありながら日本人にも響きそうなメロディー。

フロントマンの近藤大彗さんも、ポップになりすぎないような絶妙なラインを攻めることにこだわりを持っているそうです。

 

『Tic』


www.youtube.com

 

YouTubeのコメント欄を見てもわかるのですが、海外でもその心地良いギターサウンドが高い評価を受けており、国内外問わず人気を博しているバンドです。勢いがありながら、確実に勢いだけじゃないアーティストだと思います。

 

 

 

『Rubbish:)』


www.youtube.com

SWEET LOVE SHOWER SPRING 2022 でのライブ映像

 

フジロックのライブ中、MCが淡泊であることも少し話題に上がっていましたが、それがあまりネガティブに作用しないような、むしろ演奏前のフリのような感じにさえ思えるほどパフォーマンスが最高なバンドです。

 

『I'm With You』


www.youtube.com

完全に個人的な問題なんですが、オルタナティブというんですかね、気だるげな雰囲気と派手過ぎないサウンドのバンドが私は好きなんですけど、たまに全部似たような曲に聞こえてきてしまうことがあって飽きてしまったりすることがあります。

ただ、No Busesのトリプルギター編成は奥が深くていろんな顔を見せてくれているような気がします。これからも注目したい。

 

 

 

崎山蒼志

 

 

私には、自慢したいことがあります。何を隠そう、私は崎山蒼志とタメなんです。

以前、興味本位で自分と同い年の有名人を調べてみたことがありました。一度は気になりますよね。

 

調べた結果、天才しかいませんでした。

 

崎山蒼志、Ado(うっせぇわ)、藤井聡太

 

というか逆に考えればこの歳で名が売れている時点で特筆した才能があるのに間違いはないってことですね。

 

ちなみに一つ上は、久保建英、加藤清史郎(子ども店長)、平手友梨奈(元欅坂)、ビリーアイリッシュなど。

一つ下は、張本智和(卓球)、グレタ・トゥーンベリ(環境活動家)、そして鉄腕アトムでした。

 

・・・鉄腕アトム!?

ちなみにアトムくんは2003年4月7日生まれだそうです。

 

話が逸れました。崎山蒼志といえばやはり五月雨を最初に聴いたときのインパクトがどうしても強いです。一見するとどこにでもいそうな平凡な男子中学生、ただ明らかに「エモい歌うま系弾き語り少年」ではない強烈な個性が感じられました。素人目から見てもギターの弦捌きは異常でしたし。まさにダイヤモンドの原石。というか当時からギラギラに光ってましたけどね。

 


www.youtube.com

 

 

なんとこの動画が公開されてからもう4年も経っていました。この間、私もちょくちょく彼の活動をチェックしていたのですが、今回のフジロックでのパフォーマンスを観て、改めて凄みを感じました。

鋭かった切れ味はより増して、良い意味で安定感が増したというか。あとギターの表現だけでなく、歌声での表現にも深みが増したような気がします。

おそらくいま一番かっこいい若者は崎山蒼志だと確信しました。同い年として自分も頑張らなきゃな、と思いました。そしてライブ映像で彼の顔のアップが流れるたび、ジョン・レノンに似てるなと思いました。

 

『国』


www.youtube.com

 

 

『嘘じゃない』


www.youtube.com

 

 

最近はエレクトロニックな方面の楽曲もいくつか発表されており、私に好評です。

(もちろん多くの方にも好評)

open.spotify.com

2022年リリースの最新アルバム『Face To Time Case』に収録されている『水栓』です。

 

 

 

彼がどんどんメジャーになり、たくさんの大人に囲まれるにつれて、あの頃の初期衝動や美しい脆さみたいなものが失われていってしまうのではないかという声もたまに聞くことがあり、自分もその気持ちがわからないわけではないです。

しかし、それは杞憂だと思います。楽曲や言動の節々に、彼の「誰にも掴めない哲学の場所」を感じるからです。幼いころから作曲という創作活動と共に途方もない時間を過ごしてきた彼なら、どれほど形態が大々的になろうと、今後も更に彼の心の中にある世界をより高い解像度で僕たちに伝達してくれると思います。

 

 

 

おわり

 

 

こちらの記事もぜひ!

chaplin0549.hatenablog.com

 

chaplin0549.hatenablog.com

 

\ Follow me!! /