謙虚な天狗が送る毎日

初めまして。謙虚な天狗の皐月(さつき)です。好きなものが同じ、じゃなくて案外嫌いなものが同じ人同士のほうが気が合うことが多かったりするらしいですよ。 ってことで私が苦手なものは、シイタケとイモムシです。 どうぞよろしくお願い致します。

生まれ故郷の高尾山に帰省しました

この記事をシェアする

高尾山に行ってきました

 

f:id:chaplin0549:20210320205926j:plain

 

 こんにちは、謙虚な天狗の皐月です。f:id:chaplin0549:20210922201928p:plain

ちょっと桜も咲き始めてる感じです。春の訪れを感じます。去年は春の訪れなんて悠長に感じることができないくらい混乱してましたね。かといって今もまだ緊急事態ですけど。

 

 前回の投稿でも書いたんですが、実は拙者は高尾山出身でして、高尾山が生まれ故郷なんです。日本各地に天狗で有名な神社とかちょいちょいありますけどやっぱり高尾山は天狗界の東京的なノリなんでね。天狗ってどういう感じでこの世に生まれ落ちるの?とか天狗って死ぬの?とかそういうこと気になりますよね。ごめんなさいそれには答えられないんです。説明面倒だから。

 

友人が待ち合わせに遅刻してきた

 高尾山口駅で友人2人と待ち合わせしたんです。もちろん天狗じゃなくて人間の友達です。拙者も普段は人として生活してますから。人間とは愚かな生き物です、時間も守れない。天狗は守りますよ。

高尾山に一番近い駅が高尾山口駅で、拙者はその駅に行くためには中央線高尾駅で乗り換えなきゃいけないんですね。でも友達が二人とも遅れるっていうからせっかくだし高尾駅で降りちゃってそこから徒歩で高尾山口駅まで行くことにしました。そしたら高尾駅前にこんなおもしろいバスが。

f:id:chaplin0549:20210320205848j:plain

天狗バス!?

運転手さんもシャッターチャンスをわかっていたかのようなポージングしてます(笑)

てか今日まで高尾が八王子市だって知らなかったわ。高尾は高尾だと漠然と思ってました。バスのほかにも高尾駅から高尾山口駅までの道のりに川とか桜とかあって割とおもしろかったですね。25分くらいの道のりでした。ウォーミングアップにもちょうどよいかもしれませんので皆さんも試してみては。

 

 

さて、そのあと友達と合流し、無事に登頂することができました。拙者たちは上りは稲荷山コースといわれる比較的ハードなコース、下りは1号路と呼ばれるオーソドックスなコースで帰りました。稲荷山コースが思ったよりきつかったです。拙者はスポーツを結構真剣にやってきた身なんですが、それでも翌日足腰の筋肉痛に襲われました。人間がいなければ天狗の姿で、羽生えてて飛べるんでそれで簡単に山頂なんて行けるんですけどね~。まどろっこしいっちゃありゃしないよほんと。

 

 

 

ご先祖様~~!!

f:id:chaplin0549:20210320205719j:plain

凛々しいぜっ!流石は拙者のご先祖様だ @薬王院

 

1号路の途中にありました薬王院の天狗像です!今回はご先祖様に会うのが目的だったのでまじかで拝見できてよかったです。隣にもいらっしゃいました。↓

f:id:chaplin0549:20210320205742j:plain

刀みたいなもの持ってますね~。かっこいいぜっ!

 刀かと思ったけどおじゃる丸が持ってるような笏(しゃく)ですかねこれは。わからんわ、そういうの無知なんで。なんせ何百、下手したら何千年前の話ですからね~。天狗って言葉が最初に日本で使用されたのはどうやら日本書紀らしいですよ。知らんけど。ググりました。

 

 

f:id:chaplin0549:20210320205802j:plain

他にもいっぱいいました天狗

 

 

f:id:chaplin0549:20210320205950j:plain

東京にもこんな美しい自然がある。人間の世界も捨てたもんじゃないぜ

 

 ということで今回は拙者の生まれ故郷の高尾山に上ってきた日記でしたー。晴れてよかったー。 

 

次回の投稿:団体スポーツVS個人スポーツ 結局どっちが良いの?

記事をご覧いただきありがとうございます。ぜひ次回の投稿もご覧ください。

 

 

 

\ Follow me!! /